カテゴリ:日中交流コンサート( 3 )

日中交流

前回のブログにて交流コンサートの様子等を抜粋し、掲載いたしました。
その、いきさつ、経緯等を訪問団団長挨拶として掲載いたします。ご覧ください。
e0110766_15225586.jpg


虹の会(於 香港嶺南大学)交流コンサート 御挨拶
紹介いただいた訪問団団長の加藤です、一言ご挨拶を申し上げます。
香港の皆さん、こんばんは、今回の私たち「虹の会」交流コンサートのメンバーは8名、皆さんとお会いできて大変嬉しく思っております。 
私たち「虹の会」の在る刈谷市は、日本のほぼ中央に位置し約50平方キロの面積、南北に細長、ほぼ平たんな地形に、人口約14万7千、トヨタ自動車発祥の地として、自動車関連の工場が集積している工業都市であります。そんな中でありますが、芸術・音楽活動も活発で、「虹の会」も音楽教育・ピアノ指導に携わって既に35年になります。
e0110766_1532939.jpg

「虹の会」と今日のコンサートを企画して頂いた「楊先生」とのお付き合いは2001年、刈谷市で開催された「ショパンコンクールinアジア」に楊先生のお嬢さんが参加し、私どもがお嬢さんのお世話したのが始まりでした。その後、私たちは深い友好の下に、定期的に交流演奏会を開催してまいりました。今回は楊先生の努力で此処香港嶺南大学ホールをお借りして、5回目の交流コンサートを開催することになったのであります。
前回2011年、日本での交流コンサートは特に思い出深いものでありました。3月11日、コンサートに出演する中国の演奏家の皆さんを迎えるため中部国際空港で飛行機の到着を待っていその時、あの東日本大震災、大津波が発生したのです。幸い刈谷など中部地方の都市はほとんど被害はなく、中国の皆さんも無事日本に到着したのですが、テレビで放映される凄まじい津波災害の様子を見ながら、コンサートは中止すべきではないかと悩んだのですが、中国の皆さんの助言もあり、この際今回のコンサートは震災・津波被害者のためのチャリティーコンサートにしようと云うことで意見がまとまり、開催できたのであります。
当日会場に置いた募金箱には、多くの来場者の善意が集まりまりしたが、特に楊先生はじめ中国の演奏者の皆さんには、多額の寄付を頂きました。この場をお借りし、改めてその時のお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
今夜のコンサートは、中国(香港)の皆さんへの感謝の気持ちを込め、そしてこの会場にいる皆さんには、私たちと共に「音楽に国境はない、音楽で我々は結ばれている」・・このことを感じて頂きたいと願って演奏いたします。
どうぞ、最後までお楽しみください。
e0110766_1535646.jpg

[PR]
by kato-ongaku | 2014-04-27 15:36 | 日中交流コンサート

日中交流コンサート

3月26日から30日の日程で「虹の会、交流コンサートイン香港」へ行ってきました。

いきさつ、経緯につきましては、次のブログに、訪問団団長挨拶として、掲載いたします。
香港にあります、嶺南大学の芸術節の最後の行事として組み入れて頂き、多くの学生さんや地域の方に聞いて頂きました。
大学の校舎前面に大きな垂れ幕があり(写真)その中に、日本愛知県刈谷市交流音楽会の文字(写真)を見たときは感動しました。 
同様のポスターが(写真)各所に張ってあり広く行事を呼びかけていました。 

今回のメンバー
     加藤 賢次(団長)
     加藤 美代子(虹の会代表)

     佐々木 陽子(愛知教育大学 音楽教育ピアノ専攻卒業)
     林 愛子 (         〃               )
       久瀬 夏生(愛知教育大学 音楽教育ピアノ専攻 4年)
     神谷 英里佳(名古屋市立菊里高校 音楽科3年ハープ専攻)
     神谷 敦子   父兄
     岩月 仁美 (愛知県立明和高校 音楽科2年ピアノ専攻) 
副科で琴を学習している為、香港では中国の古筝で合奏もしました。e0110766_14384579.jpg
e0110766_14391069.jpg




香港のほかに深せん市でも交流コンサートをしました。
深せん芸術学校(写真 1回目の交流コンサートをした学校です。ショパンコンクールで1位になったリ・ユンデイを出した学校として脚光を浴びました。)の併設音楽センターです。その日は土曜日で学校はお休みでしたが、
音楽センターには大勢の子供たちがピアノ練習や古筝の練習をしていました。
10歳から14、5歳の少女たちの古筝の合奏は真剣そのものでした。
言葉はつながりませんが、音楽に向き合うう真剣な様子がしっかりと伝わって来ました。

移動のバスの中で、通訳さんが最近の日中の不仲について尋ねられました。
尖閣諸島が日本のものになっても、中国のものになっても、私たち庶民には何の利益もないし関係ない。
なぜ、いまもめる必要があるのか、と。

確かに、なぜ今です。
政治的な思惑は私たちの交流には関係ありません、これからも音楽を通して仲良くしたい、ただそれだけです。
e0110766_14425851.jpg
e0110766_14421487.jpg

[PR]
by kato-ongaku | 2014-04-27 14:45 | 日中交流コンサート

日中交流コンサート

e0110766_11445362.jpg
日中交流コンサートに参加して 
2007.8.24~28   深セン市にて  

 参加者名簿 
   加藤賢次 交流団団長
   加藤美代子 交流団副団長 虹の会代表
   酒井陽次  尺八師範
   近藤真衣  ピアノ 名古屋音楽大学大学院卒
   関戸利恵  ピアノ 名古屋音楽大学卒
   佐々木陽子 ピアノ 愛知教育大学音楽科4年生
   西 嘉子  ピアノ 愛知教育大学音楽科4年生
   花井研一郎 バイオリン 愛知県立豊田西高校1年生

                                以上8名

8月25日  福田区文化舘にて深せん市福田区との交流コンサートに参加しました。
      500名ほどのホールで音響、照明などしっかりと演出されたコンサートでした。

  27日  ショパンピアノセンターにてセンターに通う子供や父兄の方たちとコンサート、交流パーテイを楽しみました。今後、虹の会と交流を深めたいということで交流提携協議書にお互いにサインをしました。ショパンピアノセンターは現在教室に2千名通っているそうです。今後ホームステイなどもできればと参考に家庭訪問をお願いしたところ、気持ち良く引き受けてくださり2名のお宅にお邪魔しました。現在人口1300万という巨大都市は高層マンションばかりでそのお宅も23階、18階といったものでした。
中国では一人っ子政策のためどの家庭も子供は一人、そのぶん教育にも熱が入ります。ピアノ教育も大変なものでどの子の表情も真剣でした。世界的に有名なピアニスト、2000年ショパンコンクール優勝者ユンデイ、リを生んだ町ということもあるようです。
いずれにしても、感受性の強い子供時代に異文化を体験することは大変有意義なことであります。今後、音楽を通してこのような交流がますます盛んになりますことを願っております。


虹の会代表 加藤美代子
[PR]
by kato-ongaku | 2007-09-27 11:47 | 日中交流コンサート